結果の出るアンチエイジング化粧水ガイド

人気のアンチエイジング化粧水の実力を徹底検証

HOME » 検証!肌老化の原因と有効な成分 » 乾燥による老化

乾燥による老化

肌の老化を進める「乾燥」のメカニズムや乾燥を防ぐための保湿成分を紹介していきます。

肌の老化を進める乾燥のメカニズム

年齢とともに増えていくシワの主な原因が乾燥。赤ちゃんの時には80%くらいあった真皮の水分量は、20歳をピークに徐々に減少していき乾燥がちになります。

肌が乾燥すると、コラーゲンやエラスチンを補給する「繊維芽細胞」の活動が鈍くなり、水分を失った表皮は薄くなります。その結果、シワやたるみができてしまうのです。乾燥により、角質層の表面がはがれやすくなると隙間ができ、この隙間を通して水分がさらに蒸発してしまいます。

皮膚の潤いを保つのは、角質層にある3つの成分です。アミノ酸や尿素で構成されている「天然保湿因子」、角質細胞の隙間を保水する「ラメラ構造の角質細胞間脂質」、そして、肌の水分が逃げないよう肌にフタをしてくれる「天然のクリーム」。

乾燥によるエイジングトラブルを防ぐためにはこの3つの働きを正常化させることが重要。化粧水を選ぶ際には、浸透力の高いものを選び角質層にしっかり成分を届けてあげましょう。

乾燥を防ぐための代表的な保湿成分

肌の乾燥を防ぐためにはコラーゲンやヒアルロン酸といった保湿成分を摂取する必要があります。

ですが、コラーゲンだけを摂取してもヒアルロン酸などのムコ多糖体と呼ばれる成分が不足していると水分が保持できないので、ヒアルロン酸、セラミド、コエンザイムQ10、アスタキサンチンなどの有効成分も一緒に摂取するようにしましょう。

また、コラーゲンを安定して保つためにはビタミンCの存在が必要不可欠。化粧水を選ぶ際には、これらの成分がバランス良く含まれるものがベストです。

乾燥トラブルに有効な化粧水をピックアップ

  • 「サイクルプラス エンリッチローション」
    4種類のヒアルロン酸、セラミド、油溶性ビタミンB6誘導体、マカダミアナッツオイル、カンゾウ葉抽出エキス、ヨクイニンエキスなど、保湿成分や水分保持成分が贅沢に配合されています。
  • 「エスト インナーアクティベート コンディショニングローション」
    サーキュレートEG(ユズエキス、褐藻エキス、グリセリン)という保湿成分を配合。肌内部に潤いを届け、透明感ある肌へと導きます。
 
結果の出るアンチエイジング化粧水ガイド