結果の出るアンチエイジング化粧水ガイド

人気のアンチエイジング化粧水の実力を徹底検証

HOME » 検証!肌老化の原因と有効な成分 » 光老化

光老化

肌の老化を進めシミやシワを引き起こす「光老化」について解説していきます。

紫外線によるダメージによって起こる「光老化」

光老化とは、紫外線によって受ける肌ダメージのこと。私たちは生まれてからずっと紫外線を浴び続けていますが、わずか数分間紫外線を浴びるだけでも肌はダメージを受けていることになります。

そのダメージを長年受け続けることにより、シミ、シワ、たるみなどが出来てしまうのです。ちなみに、太ももやお尻など、紫外線に当たらない部分は若いひとの肌も歳をとった人の肌も大差がないのだとか。どれほど、紫外線が肌に良くないかが分かりますね。

紫外線には「UV-A」と「UV-B」の2種類がありますが、光老化に関係しているのはUV-Aです。UV-Aは、波長が長いので雲や窓ガラスも通り抜け、そして私たちの肌の真皮にまで到達して肌のハリを保つコラーゲンやエラスチンを破壊してしまいます。これにより、たるみやシワが出来てしまうのです。

UV-Bは真皮に到達しないものの、シミを引き起こす原因に。コラーゲン繊維を壊すコラゲナーゼという酵素の働きを高めてしまうので、間接的にシワの原因にもなります。

近年では、老化の原因の70%が「光老化」によるものという研究結果も発表されています。光老化対策はアンチエイジングに欠かせない要素と言えるでしょう。

メラニンの生成を抑制する成分を摂取しましょう

シミやくすみの原因となるのが肌のメラニン色素。メラニンの生成を抑える美白成分摂りいれることも老化を防ぐ大切なポイントです。

メラニンの生成を抑える成分はいくつかありますが、代表的なものと言えば「ビタミンC」。抗酸化作用、コラーゲン増加作用など美白効果以外にもさまざまな効果がある、美肌の万能成分と言われています。

ビタミンCは壊れやすく化粧品に取り入れるのが難しいと言われていましたが、近年は高濃度のまま安定化された「高浸透型ビタミンC」が普及してきています。

ほかにも、即効性の高さで知られている「ハイドロキノン」や低刺激成分の「アルブチン」、女性ホルモンの分泌を促す「イソフラボン」等の女性ホルモン様成分などもメラニンを抑制する働きがあります。

ただし、ハイドロキノンは、アレルギー反応を起こす人もいるので医師に相談の上使用するようにしましょう。

光老化対策に有効な成分を配合した化粧水

  • 「サイクルプラス エンリッチローション」
    通常のビタミンC誘導体の約100倍の浸透力を持つ高浸透型ビタミンC誘導体がメラニンを抑制。高濃度ビタミンCを新鮮な状態に保つためにパウダーとローションの「2剤式」を採用しているので、高い効果が期待できます。
  • 「プリモディーネ シーバムコントロールVCローション」
    ビタミンC誘導体APPSを配合。メラニンの生成を防ぐαアルブチンなどの成分も含まれています。
 
結果の出るアンチエイジング化粧水ガイド