結果の出るアンチエイジング化粧水ガイド

人気のアンチエイジング化粧水の実力を徹底検証

HOME » 検証!肌老化の原因と有効な成分 » 酸化による老化

酸化による老化

肌の老化を招く「酸化」のメカニズムと活性酸素を防ぐ「抗酸化成分」について解説していきます。

酸化による老化のメカニズム

私たちの体は金属や食べ物と同じように、長い間空気にさらされることで酸化しダメージを受け続けています。この「酸化」が肌細胞にも悪影響を及ぼし、肌の老化を招いてしまいます。

酸化の原因となるのが、体内に取り込まれた酸素の一部が変化してできた「活性酸素」。活性酸素は脂質と結合して細胞をサビつかせ、真皮のコラーゲンなどを硬くして皮膚の弾力を低下させてしまいます。

活性酸素は、紫外線、喫煙、ストレス、大気汚染、脂っこい食事、添加物の摂取などによって発生しやすくなると言われています。日々の生活習慣に気を配り、活性酸素が発生しにくい環境を整えることが大切です。

抗酸化作用をもつ成分とは?

スキンケアで抗酸化物質を取り入れることも重要なポイントです。体内で発生する活性酸素を除去する働きをもつ成分の代名詞として挙げられるのがビタミンC

ビタミンC活性酸素を除去して酸化されたビタミンEを再生する力を持っているほか、細胞の損傷を防ぐ作用もあります。特に、ビタミンC誘導体紫外線が当たっても酸化することなく肌を守ってくれるので、紫外線をあびる前の朝のスキンケアに取り入れるのもおすすめです。

ほかにも、カテキンポリフェノールなどの植物フラボノイドに含まれる植物性ビタミン「OPC」や、真皮細胞の寿命を延ばす働きを持つ「カイネチン」、肌のターンオーバーを促進する「酢酸トコフェロール(ビタミンE)」も高い抗酸化力を持っています。

変わり種としては、パラミロンという成分があります。これはユーグレナ(ミドリムシ)にしか含まれていない希少な成分なのですが、抗酸化作用が確認されています。

パラミロンには活性酸素を除去する働きがあり、デトックス作用も持つことが分かってきました。まだまだ研究途上の成分ですが、抗酸化作用によるユーグレナのアンチエイジング効果に期待が寄せられています。

高い抗酸化作用を持つ化粧水をピックアップ

  • 「サイクルプラス エンリッチローション」
    高浸透型ビタミンC誘導体、バラエキス、ピクノジェノール、αアルブチンなど、肌の酸化を防ぐ成分が豊富に含まれています。日焼けによる炎症を和らげ、肌の抵抗力を高める働きもあります。
  • 「アスタリフト ローション」
    トコフェロール、トコッカスプルビアリス油などの抗酸化成分が含まれています。また、紫外線の吸収を防ぎ、表皮の健康を保つバリア機能を果たすアスタキサンチンも配合されています。
 
結果の出るアンチエイジング化粧水ガイド